AERA特集『ゲーム大国ニッポンの崩壊「メタルギア」の小島秀夫が語る現実』まとめ。
597 名前:名無しさん必死だな[sage] 投稿日:2010/10/26(火) 22:07:47 ID:ur6ng/6f0 [6/10]
小島秀夫「ゲーム大国日本は崩壊する」

・日本のゲーム業界は、もう危ない。
・「ゲームと言えばニッポン」は幻想。(ゲームクリエイターにも)勘違いしている人は、日本国内にだいぶいる。
・ゲームのローカライズ(現地化)は、映画のリメークに近づいている。
・海外の映画祭では確かに日本映画が賞をとっている。
 でも、日本人独特の感覚への「驚き」が 賞につながっただけ、という場合もある。
 その証拠に、一般公開では映画祭で受けたような評価は得られず、収益につながらない。
 公開する国の俳優が出演し、その国の文化に沿ってストーリーをいじったリメーク版のほうが受け入れられる。
・経産省はまだ、アニメとゲームは日本のもの、とか言ってるようだがゲームで言えばそんなことはまったくない。
598 名前:名無しさん必死だな[sage] 投稿日:2010/10/26(火) 22:08:08 ID:ur6ng/6f0 [7/10]
・海外では、型にはまったルールより現実のような自由度が好まれる。画面内をどこまでも走り続けたり、
 あちこちから不規則に敵が襲ってきたり。この意識の差が技術力に差を生んだ。
・ファミコンの時代には目の前に壁があったらハシゴをかける、といった一定のルールを作って表現力を補う必要があった。
 日本のゲームメーカーはルールに沿って「ゲームデザイン」を細かく整えることに長けていた。
 しかし欧米では、「壁を壊してでも前に進む」といった自由度の高い表現が求められ、この要求がプログラマーの技術を高めていった。
 グランド・セフト・オートはそのいい例。


601 名前:名無しさん必死だな[sage] 投稿日:2010/10/26(火) 22:08:19 ID:ur6ng/6f0 [8/10]
・日本人、特に世代が上の人はどこか「メードインチャイナ」とかアジアを下に見る傾向がある。
 ゲームでも同じ。キャラクターとか、日本と同じに見えると「モノマネしてるんちゃうの?」ってね。
 でも5年後にはえらい目にあいますよ。今のままの意識では、ゲーム業界はサムスンやLGにやられたテレビ業界と同じようになる。
・確かに日本と同じかそれ以下にしか見えない製品もある。しかしそれは日本のゲームを徹底的に解析している段階だから。
・日本を研究しつくしているだけではなく、スピーディに作り上げている。さらに最初から世界を狙っている。
・国内市場を中心に動く日本には「内なる壁」が存在する。


604 名前:名無しさん必死だな[sage] 投稿日:2010/10/26(火) 22:08:33 ID:ur6ng/6f0 [9/10]
・いま、日本のゲームクリエイターに求められるのは、世界市場を意識した制作意欲。
 ハードウェアの性能に左右されることのない、高いモチベーションを持って欲しい。
・日本で米を食べて、渋谷で遊んで死ぬ。いまの若者は海外文化にあまり興味を持たず、日本だけで完結できればいいのでしょう。
 この10年、マサチューセッツ工科大学への留学生が中国や韓国では急増しているのに、日本では減っているという傾向もその現れ。
 ゲーム業界に限らず、いろんな分野で似たようなことが起こっている

・感動して泣いて終わり。そんな邦画の興行成績がいい。このことに今の日本が映し出されている気がする。
 自分で答えを見つけるのは面倒なので、わかりやすいものを好む。これでは視野が狭くなり先に進まない。
 見終えたあと、やり遂げたあとにこそ何かが始まるようなものを作っていきたい。

632 名前:名無しさん必死だな[sage] 投稿日:2010/10/26(火) 22:14:48 ID:ur6ng/6f0 [10/10]
小島は中国に魂を売ったな
売国奴め
お前のゲームはもう買わない
シナ臭え

671 名前:名無しさん必死だな[sage] 投稿日:2010/10/26(火) 22:19:33 ID:ur6ng/6f0 [11/11]
・日本人、特に世代が上の人はどこか「メードインチャイナ」とかアジアを下に見る傾向がある。
 ゲームでも同じ。キャラクターとか、日本と同じに見えると「モノマネしてるんちゃうの?」ってね。
 でも5年後にはえらい目にあいますよ。今のままの意識では、ゲーム業界はサムスンやLGにやられたテレビ業界と同じようになる。
・確かに日本と同じかそれ以下にしか見えない製品もある。しかしそれは日本のゲームを徹底的に解析している段階だから。
・日本を研究しつくしているだけではなく、スピーディに作り上げている。さらに最初から世界を狙っている。
・国内市場を中心に動く日本には「内なる壁」が存在する。


速報スレは嫌中国・嫌韓だけど小島のいう事を信じるの?



1 名前: ゆうゆう(チベット自治区)[] 投稿日:2010/10/27(水) 00:29:35.48 ID:/OPupZi90 [1/3]
ゲーム大国ニッポンの崩壊 「メタルギア」の小島秀夫が語る現実
AERA 2010年11月1日号

要約

・日本のゲーム業界は、もう危ない。
・「ゲームと言えばニッポン」は幻想。(ゲームクリエイターにも)勘違いしている人は、日本国内にだいぶいる。
・ゲームのローカライズ(現地化)は、映画のリメークに近づいている。
・海外の映画祭では確かに日本映画が賞をとっている。
 でも、日本人独特の感覚への「驚き」が 賞につながっただけ、という場合もある。
 その証拠に、一般公開では映画祭で受けたような評価は得られず、収益につながらない。
 公開する国の俳優が出演し、その国の文化に沿ってストーリーをいじったリメーク版のほうが受け入れられる。
・経産省はまだ、アニメとゲームは日本のもの、とか言ってるようだがゲームで言えばそんなことはまったくない。

・海外では、型にはまったルールより現実のような自由度が好まれる。画面内をどこまでも走り続けたり、
 あちこちから不規則に敵が襲ってきたり。この意識の差が技術力に差を生んだ。
・ファミコンの時代には目の前に壁があったらハシゴをかける、といった一定のルールを作って表現力を補う必要があった。
 日本のゲームメーカーはルールに沿って「ゲームデザイン」を細かく整えることに長けていた。
 しかし欧米では、「壁を壊してでも前に進む」といった自由度の高い表現が求められ、この要求がプログラマーの技術を高めていった。
 グランド・セフト・オートはそのいい例。

http://www.aera-net.jp/summary/101024_002004.html
http://nekonyan15.blog85.fc2.com/blog-entry-608.html

2 名前: ゆうゆう(チベット自治区)[] 投稿日:2010/10/27(水) 00:29:58.06 ID:/OPupZi90 [2/3]
・映画のハリウッドと同じだと考えている。ハリウッドがアジア人のジョン・ウー監督をつかまえたように、優秀な人を集められるのは予算があるから。
 世界的にヒットすれば高額な制作費も軽々ペイできる。
 今後の潮流としてありうるのは、インドなどのIT長者やアラブのオイルマネーが優秀なクリエイターを囲うながれ。

・日本人、特に世代が上の人はどこか「メードインチャイナ」とかアジアを下に見る傾向がある。
 ゲームでも同じ。キャラクターとか、日本と同じに見えると「モノマネしてるんちゃうの?」ってね。
 でも5年後にはえらい目にあいますよ。今のままの意識では、ゲーム業界はサムスンやLGにやられたテレビ業界と同じようになる。
・確かに日本と同じかそれ以下にしか見えない製品もある。しかしそれは日本のゲームを徹底的に解析している段階だから。
・日本を研究しつくしているだけではなく、スピーディに作り上げている。さらに最初から世界を狙っている。
・国内市場を中心に動く日本には「内なる壁」が存在する。


4 名前: ゆうゆう(チベット自治区)[] 投稿日:2010/10/27(水) 00:30:19.24 ID:/OPupZi90 [3/3]
・iPhoneやAndroidでできるものは私たちが言う「ゲーム」とは異なる。ゲーム屋が考えるものとアップルが考えるものは出発点が違う。
 でもいずれは重なる。どっちがいい悪いではない。

・映画で3Dと言うが、それは映画だけの範疇。でもゲームが3DになればPCや携帯にも普及するなど、コンシューマの手に届く身近な存在になる。
 今までも同じような流れで建築学や心理学がゲームを通して身近な存在になってきた。
・3DSにも大きな期待をしている。どこまでも広がる分野だからこそ、市場を大きく捉える必要がある。

・いま、日本のゲームクリエイターに求められるのは、世界市場を意識した制作意欲。
 ハードウェアの性能に左右されることのない、高いモチベーションを持って欲しい。
・日本で米を食べて、渋谷で遊んで死ぬ。いまの若者は海外文化にあまり興味を持たず、日本だけで完結できればいいのでしょう。
 この10年、マサチューセッツ工科大学への留学生が中国や韓国では急増しているのに、日本では減っているという傾向もその現れ。
 ゲーム業界に限らず、いろんな分野で似たようなことが起こっている

・感動して泣いて終わり。そんな邦画の興行成績がいい。このことに今の日本が映し出されている気がする。
 自分で答えを見つけるのは面倒なので、わかりやすいものを好む。これでは視野が狭くなり先に進まない。
 見終えたあと、やり遂げたあとにこそ何かが始まるようなものを作っていきたい。


ゲーム大国ニッポンの崩壊 「メタルギア」の小島秀夫が語る現実
AERA 2010年11月1日号
http://nekonyan15.blog85.fc2.com/blog-entry-608.html

小島秀夫「ゲームと言えば日本、は最早幻想。日本はゲームデザインに拘り自由度が低い。GTAがいい例」
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1288106975/

■■速報@ゲーハー板 ver.13419■■
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1288091819/